お見舞い セピア D715 デッサン縁 ラーソンジュール 78×39 水彩画/写真/版画 アクリル /-額縁





日本画や書など、和の作品の額装に
最適な角丸のフレームです。

縁幅が太めで重厚感があります。

書や手ぬぐい用の細長いサイズも豊富。

深みのあるセピア。

D715 セピア 78×39 / アクリル

額内寸:780x390mm


【ご注意】

ラーソンジュール規格額は殆どが木製です。
天然木は同一の塗装・仕上げ方法・工程を
施しても全て均一な完成品を得ることが出来ません。

木製はもとより樹脂製や金属製の規格縁や
フォトフレームも手作業による塗装仕上げが多く
同じ製造時期の商品でも一枚一枚色や模様が
若干異なる場合がございます。

画像と実物の色味などが異なる場合が
ございます。何卒ご了承ください。

お見舞い セピア D715 デッサン縁 ラーソンジュール 78×39 水彩画/写真/版画 アクリル /-額縁

加工後 shutterstock_14459203

お見舞い セピア D715 デッサン縁 ラーソンジュール 78×39 水彩画/写真/版画 アクリル /-額縁

周囲を海に囲まれた、水産大国として知られる日本。日本人は古来より魚を食べて育ってきたはずですが、最近の日本の子供たちの「魚嫌い」は深刻です。 「魚は骨があって食べにくい」「お肉のほうが大好き!」という子供の声に、ついつい肉料理が先行してしまう…皆さんも身に覚え...

妊婦検診を受けている女性

お見舞い セピア D715 デッサン縁 ラーソンジュール 78×39 水彩画/写真/版画 アクリル /-額縁

妊婦検診で「今日は内診があります」と言われるとドキッ…!恥ずかしいやら何をしているのかわからない不安感でどうしても緊張してしまいます。 お産が近づいてくると今度は「刺激しておきますね」と言われ、グリグリ…。これがよく言われる「内診グリグリ」です...